FW?UT?アイアン?オールマイティーな万能クラブが誕生

[ 2019年9月20日 05:30 ]

キャスコの新ユーティリティ「UFO by POWER TORNADO」
Photo By 提供写真

 名作「パワートルネード」の初代発売から20年。区切りの時を迎え、キャスコが大変身に踏み切った。1Wとウエッジの間をすべてカバーできる新ユーティリティー「UFO by POWER TORNADO」(税別3万5000円)がそれで、初代から続くやさしさにフェアウエーウッド(FW)のようなつかまりのよさと、アイアンのような「狙える感」が加わった。

 ヘッドから飛び出した「UFO」を想起させる「ユニバ―サルウィング」には、ウエート効果を持つ中身の詰まったソリッド構造が施され、理想的な重心設計を実現。重心角がより大きく、重心深度がより深くなったことで、高い弾道とつかまりやすさが生み出された。さらに、剛性を上げた太径の「ファルコンシャフト」がブレを押さえ、力強いスイングを引き出す。また、丸みを帯びた「オペレートソール」が接地面積を減少。芝に潜りにくく、ザックリミスも軽減するので、まさに怖いものなし。同社営業戦略部の渡部洋士部門長は「圧倒的な弾道の高さでグリーンに止めることができるので、特にロフトを立てた飛び系アイアンではグリーンに止まらないという人から高評価を得ています」と説明する。

 「デュアルシェイプクラウン」というユーティリティー(UT)にもFWにも見える不思議な形が払い打ちにもダウンブローにも対応。どの番手でもスイングを変えることなく打つことができる。渡部氏は「#33~#99まで入れると、200ヤード前後ではFWの代わりになるので、FW、UT、アイアンが不要になります」と自信を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース