橋本聖子五輪相 全柔連理事を辞任 大臣の兼務禁止のため

[ 2019年9月20日 05:30 ]

全柔連理事を辞任した橋本聖子五輪相
Photo By 共同

 全日本柔道連盟(全柔連)は19日、東京都内で理事会を開き、五輪相に就任した橋本聖子氏が11日付で理事を辞任したことを報告した。国務大臣規範は原則として公益法人の役職員との兼務を禁じている。

 大会などのプロモーションに活用していたゴジラの使用許諾契約が12月で満了することも報告。これに伴い、3月に発表したばかりの日本代表の愛称「ゴジラジャパン」も終了する。全柔連の吉田行宏事務局長は「一定の成果を上げたと判断した」と述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース