栃ノ心、3度目のカド番で7敗目、また大関陥落危機

[ 2019年9月20日 05:30 ]

大相撲秋場所12日目 ( 2019年9月19日    両国国技館 )

御嶽海(右)に寄り切りで敗れる栃ノ心(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 3度目のカド番の栃ノ心が2度目の大関陥落危機を迎えた。最近3連勝していた御嶽海にもろ差しで出られると、抵抗できずに7敗目。

 最初の立ち合いは両者のタイミングが合っていたが、手つき不十分と判断した行司が止めた。栃ノ心は、はっきり手をついたと認識していただけに「なんで止められたんですかね。集中してやっているんだから」と納得がいかない様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース