乙黒拓、まさかの3回戦負け 敗者復活に望み「最低でも銅メダルで五輪を」

[ 2019年9月20日 05:30 ]

レスリング 世界選手権第6日 ( 2019年9月19日    カザフスタン・ヌルスルタン )

男子フリー65キロ級3回戦で敗れる乙黒拓(右)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子フリー65キロ級の乙黒拓はまさかの3回戦負けも、20日の敗者復活戦に東京五輪への望みをつないだ。相手に間合いを対処され、ほとんどタックルに入れないまま大差をつけられて敗戦。「第1ピリオドから攻められなかった。やっぱり世界ではなかなか勝てない」と反省しつつ、敗者復活戦へ「ここで勝つことで成長できる。最低でも銅メダルで五輪を決めたい」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月20日のニュース