渋野日向子 3アンダーの好発進、デサントL東海クラシック初日

[ 2019年9月20日 15:00 ]

デサントレディース東海クラシック初日 7番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのデサントレディース東海クラシック(賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円)は20日、愛知県美浜町の新南愛知カントリークラブ・美浜コース(6437ヤード、パー72)で開幕した。

 全英女子オープンを制した渋野日向子(20=RSK山陽放送)は5バーディー、2ボギーの69で回り、ホールアウト時点では3アンダー、7位グループで第1ラウンドを終えた。渋野と同組で回った同じ“黄金世代”の原英莉花(20=日本通運)は5バーディー、2ボギーの69をマークし、渋野と同じ3アンダー、7位グループ。やはり同組の“黄金世代”新垣比菜(20=ダイキン工業)は78とスコアを崩し、6オーバー、105位タイと大きく出遅れた。

 賞金ランク首位の申ジエ(31=韓国)が11バーディー、2ボギーの63をマークし、9アンダーで単独首位に立っている。

 ▼渋野日向子 久しぶりに良い気分です。楽しくできました。きょうみたいなゴルフができれば(2日目以降も)伸ばせると思います。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月20日のニュース