パナWTB山田 トライは「走るだけだった」好パスに感謝

[ 2014年3月9日 21:09 ]

東芝―パナソニック 前半、パナソニック・山田(右)がトライ

ラグビー日本選手権決勝 パナソニック30―21東芝

(3月9日 国立)
 パナソニックのWTB山田が持ち味の俊足を発揮して日本一に貢献した。SOバーンズからの好パスを受けた前半30分のトライは「放ってくれたタイミングで走るだけだった」と涼しい顔で振り返った。

 昨季はアメリカンフットボールとの二刀流でトップリーグのトライ王を獲得したが、今季はラグビーに専念した。「試合にコンスタントに出られたので充実していた。(日本)代表に呼ばれればアピールしたい」とさらなる上達を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年3月9日のニュース