坂上、山根が引退表明 ともにソチ五輪出場

[ 2014年3月9日 21:27 ]

アイスホッケー全日本女子選手権最終日 三星ダイトーペリグリン4―0トヨタシグナス

(3月9日 札幌市月寒体育館)
 五輪に出場した三星ダイトーペリグリンの坂上とDaishinの山根が今大会限りでの現役引退を表明した。五輪予選に3度挑んだ30歳の坂上は「1勝もできなかったが、夢の舞台に立てて幸せだった。(今大会優勝の)いい形で終われて良かった」と話した。

 ソチでゴールを奪った27歳の山根は「五輪出場という目標が達成できた」と引退の理由を説明。後輩たちに「今の代表はこれから成長する年代が主力で、強くなる。1勝を目指して頑張ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年3月9日のニュース