久保は銅で日本勢1号「予想外と言っては何ですけど」

[ 2014年3月9日 05:30 ]

ソチ冬季パラリンピックのバイアスロン男子7・5キロ座位で銅メダルを獲得し、フラワーセレモニーで観客の声援に応える久保恒造

ソチパラリンピック バイアスロン7・5キロ座位

(3月8日)
 パラリンピック初メダルが、今大会日本勢メダル1号となった。短距離で、久保が「一番苦手」というバイアスロン7・5キロ座位で3位となり「予想外と言っては何ですけど」と正直に話し、顔をほころばせた。

 日本代表の荒井秀樹監督が「世界トップクラス」と評する射撃の正確さが光った。外国勢が撃ち急いで的を外し脱落していく中、落ち着いてトリガーを引いた。2度の射撃レーンをミスなく通過。距離に関しても「勝負どころを押さえて滑れた」と納得の表情で話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年3月9日のニュース