石川、今田ともに8アンダーで27位 プエルトリコOP

[ 2014年3月9日 08:38 ]

12番ホールでパットを打つ石川遼

 米男子ゴルフのプエルトリコ・オープンは8日、米自治領プエルトリコのリオグランデのトランプ国際GC(パー72)で第3ラウンドが行われ、石川遼は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算8アンダーの208で27位となった。

 今田竜二は5バーディー、1ボギーの68をマークし、同じく通算8アンダーの27位。

 首位は16アンダーのチェッソン・ハドリー(米国)。

 ▼石川遼の話 (ショットは)全然、良くない。攻めていけない感じになってしまった。もう少しバーディーを取っていくためにはアイアンショットの修正が必要。一つでも順位を上げられるよう頑張りたい。

 ▼今田竜二の話 前日よりショットにばらつきがあって苦しい感じだった。不安材料が残っている。ショットでもっと楽な展開に持っていけるようにしたい。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年3月9日のニュース