男子七種競技のイートン Vも室内記録に届かず複雑な表情

[ 2014年3月9日 14:44 ]

世界室内陸上

(ポーランド・ソポト)
 男子七種競技のイートンは前回大会で出した6645点の世界室内記録に届かず「勝った喜びと世界新を出せなかった落胆がある」と複雑な表情だった。

 スプリント能力を生かして好記録を連発し、世界記録ペースで迎えた最後の1000メートルは観客の声援も最高潮に。だが13点及ばなかった。十種競技の世界記録保持者は「記録を狙ってペースアップしたが、土壇場で体が動かなかった」と悔しがった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年3月9日のニュース