男子500メートルで後藤が2位 世界ジュニア選手権

[ 2014年3月9日 11:46 ]

 スピードスケートの世界ジュニア選手権は8日、ノルウェーのビュグンで行われ、男子500メートルで後藤卓也(日大)が2回合計1分13秒42で2位に入った。同1500メートルでソチ冬季五輪代表の近藤太郎(専大)は1分53秒28で5位だった。

 男子5000メートルは一戸誠太郎が6位、ウィリアムソン師円(ともに山形中央高)が9位で、4種目の総合はウィリアムソンが10位、一戸が15位だった。女子3000メートルは酒井寧子(北海道・帯広南商高)が8位、佐藤綾乃(北海道・釧路北陽高)が13位。総合は佐藤が8位、酒井が11位となった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年3月9日のニュース