川端がデビュー戦圧勝、昨年アマ横綱 先輩遠藤がアドバイス

[ 2014年3月9日 16:41 ]

大相撲春場所

(3月9日 大阪市・ボディメーカーコロシアム)
 昨年のアマチュア横綱で幕下15枚目格付け出しの川端(追手風部屋)がデビュー戦を圧勝で飾った。出羽疾風(出羽海部屋)を2秒余りで一気に押し出し。大勢の報道陣に囲まれ「緊張したが、これでよしっという気持ちになれた。今後につなげたい」と笑みを浮かべた。

 石川・金沢学院東高、日大の先輩で同部屋の兄弟子、幕内遠藤からはこの日の朝「土俵上の所作もあるが、相撲に集中するように」と助言されたという。「アマチュアとは全然違う。まだまだこれから」と出身地の大阪での奮闘を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年3月9日のニュース