今田 順手に戻して好感触、背中に痛みも4つ伸ばした

[ 2014年3月9日 17:06 ]

米男子プエルトリコ・オープン第3日

(3月8日 米自治領プエルトリコ・リオグランデ トランプ国際GC=パー72)
 今田は第1日にクロスハンドだったパターの握りを順手に戻して感触が良くなっているという。「全く不安なしに打っているわけではないけど、うまくいっている」とうなずいた。

 前日から背中に痛みがあり、薬を飲んでのラウンドだった。痛みはそれほどないと言うものの「体が重い気がした」。万全の状態ではなかったが、スコアを4つ伸ばす粘りを見せた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年3月9日のニュース