×

カズレーザー 財政難の京都市、エレベータードア漆塗り改修に500万円「使っちゃう体質なんだと」

[ 2022年5月13日 10:16 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(37)が13日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。財政難の京都市が、市役所(中京区)のエレベータードアを500万円かけて漆塗りに改修したことに言及した。

 番組では、今年度末に8610億円の借金を抱える見込みの財政難の中で改修に踏み切った意図について、担当者は「そのような声(市民からの無駄遣いという批判)もいただいていますが、京都の伝統をもっと伝えてほしいという声もあります。金属の上に漆を塗るという京都市にある企業の技術を採用いたしました。今後も京都らしさを伝えていきたいと思っています」と話していると伝えた。

 倉田大誠アナウンサーに「財政難の中でのこうした市の行い、改修ですけど、どのようにご覧になりますか」と聞かれたカズレーザーは「京都市ってこういうお金の使い方をしてきた自治体だと思うので、すぐには変わらないと言いますか、8610億の借金があるから500万くらいもう誤差なのかなってくらいの感覚なんじゃないですか」と言い、「これでアピールしたからって市役所に人がたくさん来られても困りますもんね。それを分かった上で使っちゃう体質なんだと思いますけどね」と自身の見解を話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年5月13日のニュース