新型コロナ感染の西野未姫、活動再開を報告「いつ誰がなってもおかしくないと実感」

[ 2020年10月21日 12:09 ]

元AKB48の西野未姫
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染を公表していた元AKB48でタレントの西野未姫(21)が21日、自身のブログを更新。同日から活動を再開したことを報告した。

 今月12日に所属事務所が新型コロナ感染を発表していた西野。「まさか自分がコロナに感染するなんて思ってもいなくて、自分がそうなったら、本当にいつ誰がなってもおかしくないんだなと実感して、とても恐ろしいと思いました」と胸中を記した。

 療養中を「1人でいる時間辛くても、先輩、友達、家族、そしてファンの皆さんからの心配の声と励ましの声をいただいて、すごく支えになりました」と振り返り、「この期間ですごく自分はたくさんの人に愛されているんだなと実感して涙が出ました」と感謝した。

 「本日10月21日より活動を再開させていただきます」と報告し、「お仕事ができなかった時間を取り戻せるように、支えてくださった方々に恩返しができるように精一杯お仕事頑張ります」とつづった。

 西野は今月10日の夜に発熱し、倦(けん)怠感なども確認したため、翌11日に医療機関でPCR検査を受診。同日に感染が確認され、所属事務所が「保健所の指導に従い、隔離・治療を行うこととなりました」と発表していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月21日のニュース