NHK大河「麒麟がくる」最終回は来年2・7“初の越年放送”を正式発表!話数縮めず予定通り全44回

[ 2020年10月21日 15:01 ]

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演を務める長谷川博己。越年放送が正式決定
Photo By スポニチ

 NHKは21日、東京・渋谷の同局で正籬(まさがき)聡放送総局長が定例会見を行い、新型コロナウイルスの影響により今年6~8月に一時放送を休止したNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)について、最終回(15分拡大)が来年2月7日になる越年放送を正式発表した。放送回数は短縮せず、当初の予定通り全44話。大河ドラマの越年放送は1993年7月~94年3月「炎立つ」以来27年ぶりだが、1月スタート作品(1~12月の暦年制)の年またぎは史上初。これに伴い、俳優の吉沢亮(26)が主演を務める次回作「青天を衝け」は「麒麟がくる」最終回の翌週、来年2月14日スタート(初回15分拡大)になることが決まった。

 正籬総局長は「今回、コロナ禍で変則的な形になった。年またぎという形だが、年明けに素晴らしいどんなドラマになるのか、私もワクワクしているし、視聴者の皆さんの期待に応えられるようにしていきたい。一時収録・放送を中断した時期もあったが、私も現場に足を運んだところ、役者さんもスタッフも1つ1つ感染症対策に気を配っている。視聴者の皆さんの心が震えるような大河を作りたいという熱意を感じた。最後までお楽しみいただけると確信している」とコメントした。

 担当者は「この形がベストという判断です。(キャストの反応は)まだ」とした。

 「麒麟がくる」は俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生を描く。

 1月19日にスタート。新型コロナウイルスの影響により、撮影は4月1日から一時中止し、6月30日に約3カ月ぶりに再開。放送は6月7日の第21話をもって一時休止し、8月30日の第22話から約3カ月ぶりに再開した。先週18日放送の第28話から新章「京~伏魔殿編」に突入した。

 2月中旬スタートとなる次回作「青天を衝け」の放送回数は「来年の東京五輪の期間も含め、検討中」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月21日のニュース