藤井聡太2冠 村山慈明七段と対戦 戦型は横歩取り 第79期B級2組順位戦

[ 2020年10月21日 13:03 ]

村山慈明七段と対局した藤井聡太2冠
Photo By 提供写真

 将棋の第79期B級2組順位戦の6回戦が21日、大阪・関西将棋会館であり、藤井聡太2冠(18)は村山慈明七段(36)と対局した。藤井の先手で午前10時対局開始され、戦型は横歩取り。25手目で早くも前例を離れた。

 過去の対戦成績は村山の1勝。昨年8月の叡王戦、角換わり腰掛け銀の将棋を107手で制した。今期4勝0敗で昇級争いのトップを走る藤井だが、「序盤は村山に聞け」のキャッチフレーズもある難敵を今期の折り返し地点で迎えた。

 正午までに30手進み、昼食休憩に入った。昼食は藤井がやまがそばの「御弁当(冷たいうどん付き)」、村山がイレブンの「豚ロース肉しょうが焼き」。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月21日のニュース