ハマ・オカモト 同い年・同事務所の津野米咲さん偲ぶ「我々ミュージシャンの曲はずっと残るから…」

[ 2020年10月21日 16:55 ]

「OKAMOTO'S」のハマ・オカモト
Photo By スポニチ

 4人組バンド「OKAMOTO’S」のベース、ハマ・オカモト(29)が21日、水・木曜パーソナリティーを担当するTOKYO FMの生放送「THE TRAD」(月~木曜後3・00)に出演。18日に急死したロックバンド「赤い公園」の津野米咲さん(享年29)を追悼した。

 ハマは「僕は同い年の同期で、現在は事務所も一緒でして。自分がプロデュースする楽曲を、米咲さんにお願いしたりとか、彼女の書いた曲のベースを弾いたりとかで、ミュージシャンとしての交流もたくさんありました。そういう仲だったので言葉がね、まだ整理はできないんですけども…」と悲しみの胸中を明かした。

 「SMAPの『JOY!!』という曲を書いて、本人も誇らしかったと思うけど、周りの僕ら同世代も誇らしかったことなんですよね。同い年がSMAPの曲を書いて、あんなにいい曲なんだって。僕ら世代のミュージシャンに、音楽家として花開かせることができるという、希望を与えてくれて」と振り返る。「だからとても残念です。でも、我々ミュージシャンの曲はずっと残りますから。僕らがそれを背負うと言うと彼女が『重い!重い!』と笑うと思うので。伝えていくのが大事かなと思っています」と故人に思いを寄せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月21日のニュース