NHK「光秀のスマホ」好評受け前編一挙再放送が決定 山田孝之ら“無駄に豪華な”キャスト話題

[ 2020年10月21日 17:30 ]

ツイッター上で話題のSF時代劇「光秀のスマホ」(C)NHK
Photo By 提供写真

 “無駄に豪華なキャスト”とトリッキーな設定がツイッター上で話題となっているNHKの戦国SF時代劇「光秀のスマホ」(5分×6話)。好評を受けて、26日に前編(第1話~第3話)が一挙再放送される。

 同作は「武将たちが群雄割拠していた戦国時代に、もしも彼らがスマートフォンを持っていたら…」という設定のドラマ。合戦の結果がニュース速報で届いたり、ライバル武将とフォロワー数争いを繰り広げる模様が、全編スマホ画面のみで構成されている。

 主人公・明智光秀はもちろん、その他の人物もごく一部をのぞいて顔が一切映らないが、光秀役には人気個性派俳優の山田孝之(37)を起用。ビデオ通話で登場して光秀を翻弄する羽柴秀吉を実力派俳優の和田正人(41)、“パワハラ鬼電”で光秀を震え上がらせる織田信長の声を人気声優の島崎信長(31)が演じるなど“無駄に豪華なキャスト”も話題に拍車をかけている。

 武将たちがスマホを使うという設定に説得力を持たせるため、アプリやSNSのアイコン、武将同士のやりとりなど細部までこだわって制作。1話5分という短い放送時間にも関わらず、視聴者からは「武将たちのやりとりめっちゃリアル」「一時停止しまくり」「このスタンプ売ってほしい!」などの反響がツイッター上に寄せられた。

 好評を受けて、同局は25日深夜1時15分から前編3話分の一挙再放送を決定。後編(第4話~最終話 26~28日後11・40)を前に、今からでも十分追いつける。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月21日のニュース