志らく J1仙台・道渕の女性トラブル クラブに「自分たちで調べる努力をしたのか」

[ 2020年10月21日 13:03 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家・立川志らく(57)が21日、MCを務めるTBS系「グッとラック!」(月~金曜前8・00)に出演。サッカーJ1仙台が20日、交際女性へ暴力行為などのトラブルを起こしたとして、MF道渕(みちぶち)諒平(26)との契約を解除した件についてコメントした。

 クラブによると8月9~10日にかけて道渕と女性との間にトラブルがあり、14日に女性の関係者から電話を受けて事案を認識したという。その日のうちに道渕から事情を聴き、17日に自宅待機させることを決定。渡辺雅昭取締役は「9月5日の時点で示談が成立したという報告を(道渕の)弁護士から受けた」と説明した。

 17年に女性への暴力行為で逮捕されていた道渕について、志らくは「ほとんど病気なんだと思いますね」と指摘。またクラブの対応について「最初にちゃんと自分たちで調べる努力をどれくらいしたのかっていうことですよね。被害者女性から話をどれだけ聞いたのか」と疑問を呈した。

 水曜コメンテーターを務める西村博之(ひろゆき)氏(43)は「DVって当人同士で解決できないことが多い」と指摘。その上でクラブに対して「もうちょっと介入できる余地があったので、そこを介入しなかったというのがやっぱり落ち度としてはべガルダ(仙台)側にあるんじゃないかな」と問題視した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月21日のニュース