豊島竜王、木村九段下し白星スタート 王将戦挑戦者決定リーグ

[ 2020年9月25日 18:59 ]

白星スタートの豊島将之竜王(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは25日、東京都渋谷区の将棋会館で豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=―木村一基九段(47)戦の1局が指され、後手の豊島が74手で木村を下した。

 今リーグはこの日で3局が終了。白星スタートは豊島のほか羽生善治九段(49)と広瀬章人八段(33)。永瀬拓矢王座(28)は10月11日の佐藤天彦九段(32)戦が初戦となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月25日のニュース