花江夏樹 「おはスタ」卒業へ ラスト出演は10日2日「新米パパとして家族との時間を大切にしたい」

[ 2020年9月25日 08:49 ]

声優の花江夏樹
Photo By スポニチ

 声優の花江夏樹(29)がMCを務めるテレビ東京「おはスタ」(月~金曜前7・05)を来週10日2日の放送をもって卒業することが、25日の番組内で発表された。

 番組エンディングで、お笑いトリオ「ロバート」の山本博(42)から「はなちゃんから大切なお知らせです」と切り出された花江は「この度、はなちゃんは5年半出演してきたこの『おはスタ』を10月2日をもって卒業します」と伝えた。

 さらに「理由とましては、来年30歳の節目を迎えるんですけど、それにともなってより新しいことに挑戦していきたい気持ち、そして、本業の声優業により力を入れていきたい気持ち、何より新米パパとして家族との時間を大切にしたいという気持ちが強くなりまして、それを周りの皆さんにくみ取っていただき、卒業することになりました」と続けた。

 「これまで応援してくれた“おは友”のみんな、一緒に盛り上げてくれた共演者のみんなには本当に感謝しています」と感謝。「残り1週間と短いですが、盛り上げていくので、よろしく!」と元気に呼びかけた。

 番組は28日からの1週間は「はなちゃん卒業SPウィーク!」として放送される。

 人気アニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎役などで活躍する花江は2015年4月、同番組の木曜レギュラーに。その後、16年4月から小野友樹(36)と曜日ごとのMCを担当するようになり、17年10月から単独MCに就任した。プライベートでは、16年結婚した妻との間に、身のツイッターで双子の女の子が誕生したばかり。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月25日のニュース