渡部建復帰せずラジオ終了 ナビゲーター小宮山「芸人さんもミュージシャンもコツコツとやっていこう」

[ 2020年9月25日 20:20 ]

アンジャッシュの渡部建
Photo By スポニチ

 不倫問題で6月から芸能活動自粛中の「アンジャッシュ」渡部建(48)がナビゲーターを務めていたJ-WAVE「GOLD RUSH」(金曜後4:30)が25日、最終回を迎えた。

 この日はロックバンド「ホフディラン」小宮山雄飛(47)をナビゲーターに、山崎まさよし(48)ゲッターズ飯田(45)らがゲスト出演。終盤にはバンドメンバーのワタナベイビー(51)も駆けつけ、スタジオライブも披露した。番組内で渡部からリスナーへのメッセージなどは発表されなかった。

 渡部は複数の女性との不倫問題が発覚後から出演しておらず、復帰しないまま12年10月からの8年の放送に幕を閉じた。渡部の騒動後は相方の児嶋一哉(48)、「おぎやはぎ」矢作兼(49)らが代役でナビゲーターを務めるなど、ドタバタだった。小宮山は「スタッフの皆さんもいろいろお疲れさまでした。この1、2カ月…3カ月くらい、バタバタといろいろあったと思います」とスタッフの労をねぎらった。

 小宮山が渡部について直接触れることはなかったものの、「ここで学んだことは、『ゴールドラッシュ』は終わるってことですよね。それがゴールドラッシュ。いつか終わるぞ、と。これからは芸人さんもミュージシャンもコツコツとやっていこう、という教訓があったんじゃないかと思います」と、意味深なコメントで締めくくった。

 10月からはモデルの長谷川ミラ(23)がナビゲーターを務める新番組「START LINE」(金曜後4・30)がスタートする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月25日のニュース