山口元メンバー釈放 極めて異例の自宅強制捜査 今後はアルコール依存症検査 兄夫婦が生活バックアップ

[ 2020年9月25日 05:30 ]

警視庁を後にする、山口元メンバーを乗せた車両(撮影・白鳥 佳樹、一部画像加工)
Photo By スポニチ

 22日に道交法違反(酒気帯び運転)で警視庁に現行犯逮捕された、TOKIOの山口達也元メンバー(48)が24日夜、釈放された。

 この日朝、送検された山口元メンバーに、東京地検は、酒気帯び運転としては異例の勾留申請を行ったが東京地裁が却下。地検は不服として準抗告したが再び却下された。警視庁は任意で捜査を続けるとみられる。

 午後10時5分、留置先の警視庁本部に約100人の報道陣が集まる中、逮捕時と同じとみられる黒いTシャツに丸刈り姿で手にはフルフェースのヘルメットを持ち、車に乗り込んで出発。その後、都内の自宅に戻り、本人立ち会いで警視庁の家宅捜索が行われた。捜査関係者によると釈放前に令状が取られており、自宅で飲んだ酒の量に関する供述の裏付けを行ったようだ。山口元メンバーが否認に転じたという情報もある。釈放後の強制捜査は極めて異例だ。

 2018年に、泥酔し女子高生にわいせつな行為をしたとして書類送検(のち起訴猶予)された山口元メンバー。謝罪会見で「今は絶対に飲まないと決めている」と話したが、捜査関係者によると新たに「普段から毎晩、焼酎2、3杯を飲んでいる」と供述していたことが判明した。仕事もなく、家賃8万円のマンションで一人暮らしをしながら酒をあおっていたようだ。

 また事故前夜の21日の飲酒量については「麦焼酎をロックで5、6杯飲み、その後の記憶がない」と供述していることも分かった。記憶のある間だけでも普段の倍ほどの量を飲んでいたことになる。

 事故前日の21日午後9時ごろから自宅で22日午前0時まで1人で飲酒していたと説明。同日午前9時ごろ起床し、数キロ先の親族宅にプレゼントを渡すため向かったという。起床後「酒が残っている自覚はあった」と話し「事故さえ起こさなければ捕まらないと思っていた」と話している。

 今後は疑いのあるアルコール依存症について病院で検査を受ける。また、かねて向き合っている双極性障害についても再びケアするとみられる。生活面では兄夫婦のバックアップを受ける。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月25日のニュース