中七海二段、三段に昇段 女性では史上3人目の快挙

[ 2020年9月25日 05:30 ]

 日本将棋連盟は24日、プロ棋士養成機関「奨励会」に在籍する中七海二段(22)が規定の成績を収め、三段に昇段したと発表した。女性の三段昇段は里見香奈女流4冠(28)=奨励会退会、西山朋佳三段(25)に続いて3人目となった。

 中新三段は兵庫県出身で、2011年に奨励会に入会。今年2月に二段に昇段した。10月から最終関門の三段リーグに出場する中新三段は「目の前の一局一局に集中して頑張りたい」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月25日のニュース