裸、高所、灼熱野外ロケ…ぺこぱ・シュウペイの多すぎるNGに松陰寺嘆く「体張る系は俺ばっかり」

[ 2020年9月25日 16:40 ]

「ぺこぱ」のシュウペイ(左)、松陰寺太勇
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ぺこぱ」が24日深夜、ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(24日深夜1・00)にゲスト出演し、シュウペイ(33)が仕事上の様々なNGを明かした。

 シュウペイの「裸NG」は有名で、今月10日に放送された日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」では、裸でふんどしを巻いて走る企画で1人だけ肌着を着て出演した。出演後、姉から「何でNGなの?」と連絡があったそうで、シュウペイは「恥ずかしい」、「みんなが裸になっている中で裸になっても(存在感が)薄れる」と理由を明かした。

 今夏は灼熱の中でロケをした後、マネジャーに「ちょっと外、NGですね」とNG項目の“追加”を申し出たという。

 かつては芸人側からのNGリクエストはできなかった時代もあり、「ナインティナイン」岡村隆史(50)は「俺ら、昔からNGとか関係あらへんから、強制的に裸にさせられたり、雪山に放り出されたりな。NGとかがないねん」と振り返った。

 放送倫理の観点からか、最近では事前にNG項目を聞かれるという。松陰寺太勇(36)は「シュウペイは今のところ、高いところNGだよね」と明かすと、シュウペイは「バンジーは絶対やらないですね」と返答。一方、スカイダイビングはむしろ「やってみたい。空を舞う感じじゃないですか?」と興味を示した。岡村が「飛んでないで。思い切り落ちてるから」と恐怖体験を明かすと、松陰寺が「あんまり言うと、またNGになっちゃう」と悲鳴を上げた。

 NGの多い相方に対し、松陰寺は「『ぺこぱ』のツッコミなんですけど、体張る系は俺ばっかりなんです」と恨み節をこぼした。シュウペイは「松蔭寺さんの魅力を発揮させたいと思ってテレビでやらせてる。僕がプロデュースしてるんで、松陰寺さんを」と主張しつつ、「こういうこと言うと炎上するんですけどね」と、反応に戦々恐々としていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月25日のニュース