大崎由希“復帰戦”で「牙狼LASH」のすごさに驚き!

[ 2020年9月25日 05:30 ]

大崎由希は9年ぶりのパチンコ参戦で「P真・牙狼~シン・ガロ~」を堪能しポーズを決める
Photo By スポニチ

 はじめまして!新たにこのコーナーを担当する大崎由希です。グラビアアイドル、バンド活動でドラム担当、「TOKYO PR mate」など幅広く仕事をしています。読者の皆さんには「グラビアドラマー」と覚えていただければうれしいです。今回紹介するパチンコ新機種はサンセイアールアンドディの「P真・牙狼~シン・ガロ~」。来月5日にホール導入予定なので、ぜひ打ってみてください。

 待ちに待った新機種導入の日が近づきました。

 機種名を聞いただけで、あの「牙狼」シリーズのニュータイプだなって、ワクワクドキドキ。

 実は私にとって9年ぶりのパチンコ体験なのです。グラビアやドラム活動、秋葉原でのカフェのプロデュース、「TOKYO PR mate」の通称「ピアドル」など忙しくしていたので遠ざかっていましたが、いよいよ“復帰”します。

 席に座った途端に思ったことは「進化が凄い」ということですね。とにかく役モノが派手だし、液晶が3層くらいになっていますよね。一番向こうに画面があって、その上にギミック、さらにその上にも画面があって…。本当に凄いと思います。

 以前の仕掛けはボタンを押すくらいだったのに、今回は桁違い。前作からスペック、スピード、主要演出が一新。高速爽快ST「牙狼SLASH」を搭載し、シリーズ初の遊タイム&突然時短を搭載している点が特徴です。

 特に「牙狼SLASH」はデバイス、撃破、殲(せん)滅という3つのゾーンで大当たりを狙うことができます。私はタイトルの英文字「G」「A」「R」「O」の「G」を3つそろえて大当たり。台の右側に設置された「牙狼剣」を押し込む演出や「ホラー」とのバトルに大興奮!もちろん牙狼SPリーチの「究極ホラー熊SPリーチ」も満喫しましたし、STトータル継続率は約84%であることもうれしい限り。また熊ちゃんに会うためホールで打ちたいです。

 しばらくぶりに堪能したパチンコはやっぱりいいですね。まだまだ暑いこの時期、快適なホールへGO。私もハマっちゃいそうです。

 ◆大崎 由希(おおさき・ゆき) 9月11日生まれ、神奈川県出身。高校時代に軽音学部に入り、ドラムを担当。「第1回FLASH写真集争奪オーディション」グランプリ。B88・W54・H84のダイナマイトボディーを武器に「グラビアドラマー」として活躍中。写真集「残照」、DVD「誘惑」など。1メートル55。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月25日のニュース