フット岩尾 日大ラグビー部の暴行問題「体育会系の悪ノリで済まされないひどいレベル」

[ 2020年8月6日 13:23 ]

フットボールアワーの岩尾望
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「フットボールアワー」の岩尾望(44)が6日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。日大ラグビー部で今年3月に退任した40代男性の前ヘッドコーチによる部員への暴力行為等が判明した問題について、「体育会系の悪ノリで済まされないようなひどいレベル」と指摘した。

 今回の問題に、相方の後藤輝基(46)は「ちょっと遊びの範疇(ちゅう)を超えている。お酒はいるとちょっと変わっちゃうのかなと思っちゃう」と厳しい顔。岩尾も「ホンマに体育会系の悪ノリで済まされないような、ひどいレベル」と断罪した。

 さらに「日大のアメフト部で騒動があって、これが例えば中学とか高校なら、1つの運動部で問題が起きたら、もうわが校ではってなると思うけど、デカ過ぎるから」とマンモス大学なだけに、危機意識が行き届かなかったと指摘。「(アメフト部問題は)どこかよそ事になってたんでしょうね」とあきれ顔を見せた。

 関係者によると、前ヘッドコーチは昨年、未成年の部員に飲酒を強要したり、熱いヘラを体に押しつけたり、部員の頭につまようじを刺すなど暴行を繰り返した。今年に入って第三者委員会が調査した結果、暴行は事実と認定されて懲戒処分が相当とされたというが、今年3月に本人からの辞任の申し出を受け入れた。

 一方で日大ラグビー部では今年1月に当時の部員が大麻所持の疑いで逮捕され、部は一時活動を停止した。日大では18年5月にアメフト部の悪質タックル問題が発生するなど、不祥事が相次いでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月6日のニュース