藤井棋聖殺害予告 50歳無職の男逮捕「将棋が嫌い。気に入らなかった」

[ 2020年8月6日 05:30 ]

 藤井聡太棋聖の出身地である愛知県瀬戸市の瀬戸市役所に爆破予告の電話をかけたとして瀬戸署などは5日、威力業務妨害の疑いで、同県西尾市の無職神谷光宏容疑者(50)を逮捕した。同署によると、容疑を認めており、藤井の殺害を予告する電話も市役所にかけていたという。

 瀬戸署によると「将棋が嫌いで、コロナの時に高校生(の藤井)が連日テレビに出ているのが気に入らなかった」と供述。逮捕容疑は7月17日午前9時25分ごろ、瀬戸市役所に電話し「藤井聡太の報道やめろって言え」「1回でもあったら爆破する」などと言い、市役所の業務を妨害した疑い。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月6日のニュース