ワッキー退院 中咽頭がんの治療順調 ファンの応援が「心の支えになりました」

[ 2020年8月6日 05:30 ]

お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー
Photo By スポニチ

 ステージ1の中咽頭がんのため6月から入院していたお笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー(48)が5日に退院した。外科手術はせず、放射線化学療法で治療を続けていた。

 所属事務所の発表によると、治療は順調に進んだが今後もしばらくは自宅療養し、体調を見極めながら復帰する予定という。ワッキーもツイッターで退院を報告し「たくさんの方々からの応援メッセージをいただき、それが治療のつらい時に心の支えになりました」と感謝をつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月6日のニュース