石田純一、仕事関係の懇親は今必要?に「営業は生命線」「妻とも意見の対立するところ」

[ 2020年8月6日 16:53 ]

ラフな服装で文化放送入りする石田純一(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 俳優の石田純一(66)が6日、木曜コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)に生出演。一部週刊誌内容を否定し、「怒っています」とコメントした。

 今月に入ってから、福岡で連夜の宴会に参加したことを一部週刊誌に取り上げられ、批判の的となっていた石田。番組序盤に石田は報道について「100%仕事で行った福岡です。一つイベントが中止になったが、あとは3つ(営業の仕事を)やっています。記事に書いてあることは間違っていることが多い」とコメント。

 「営業や、お店の開店イベントの仕事です。宴会とは想像して書かれたもので、印象ですよね。食事をしていた、静かに飲んでいたのが事実ですが、宴会をしていたことではない」とコメントし、「インタビューとかも全く言ってないことを書かれているので困っています」と内容を否定した。

 パーソナリティーの斉藤一美アナウンサー(52)からビジネスパートナーとの懇親は大事だが、営業の仕事を含めて今やるべきことなのかと聞かれると「そこですね。そこはウチの妻とも意見の対立するところで。生活していくという基盤、今の場合だとイベントや芸能人としての営業ですよね。そこが生命線になっているので、そこだけはきっちりやらせてもらいますと。それに対する批判、仕事であろうと他県に行くなという批判は受けたいと思います」と自身の思いを明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月6日のニュース