ヒロミ明かす ウッチャンとの“第3世代遭遇”にムロツヨシが大慌て「嵐のコンサートなのに」

[ 2020年8月6日 13:34 ]

ムロツヨシ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(55)が5日放送のTBS「バナナサンド」(水曜後11・56)に出演。「第3世代芸人」同士の仲について明かした。

 同世代にはダウンタウン、ダチョウ倶楽部、清水ミチコ(60)、野沢直子(57)、ピンクの電話らがおり、一番最初のレギュラー番組ではウッチャンナンチャンと共演。内村光良(56)とは「よく前説とか一緒にやってた。自分の番組の前説を。だいたい連れ出すのが俺なんだけど」と懐かしそうに振り返った。

 バナナマンの設楽統(47)が「あんまりヒロミさんと、内村さんとか南原(清隆)さんとかって一緒になっているイメージがあんまりない」と指摘すると、ヒロミは昨年末の嵐のコンサートでの裏話を紹介。

 同じ個室席にいたのがムロツヨシ(44)。ヒロミと内村が微妙な仲だと思っていたようで「この後、内村さん来るけど…ヒロミさんもいるけど大丈夫なの?嵐のコンサートで何か楽しい感じなのに大丈夫これ?」と勝手に周囲に気を回して落ち着かない様子だったという。

 そんな中、ヒロミが「おー内村!」と声をかけると、ムロはさらに混乱。「えっ!何この関係!?なんなんですか?」と目を疑っていたそうだ。

 ムロのことを「よく知らい」と言いながら呼び捨てするヒロミに、サンドウィッチマンの富澤たけし(46)が「“おい、ムロ!”っていくんですか?」と突っ込むと、ヒロミは「アイツは随分若いだろ」と即答。「大竹まことラインの事務所だから、そりゃムロだよ。そりゃ知らなくてもテレビで見てて“おいムロ、お前!”」と呼び捨てでいいと力説し、「お前カタカナだろ、(俺と)被ってんだろ!」とテレビカメラ越しにモノを申した。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月6日のニュース