吉村府知事うがい薬発言への批判に「僕にとってはそれほど想定外の事態は起こってません」

[ 2020年8月6日 16:53 ]

大阪府の吉村洋文知事
Photo By スポニチ

 大阪府の吉村洋文知事が6日、日本テレビ系の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に府庁から中継で生出演。新型コロナウイルスの感染拡大防止にポビドンヨードを含むうがい薬が有効だとする4日の発言について釈明した。

 研究途中で発表したことなどに対して吉村知事への批判が渦巻いている中、元NHKで外交ジャーナリストの手嶋龍一氏(71)は「今、袋叩きにあっているとおっしゃってますが、こう拝見してる限り、ほとんどめげてない感じを受けますけれども」と指摘。

 吉村知事は苦笑いした後、「僕にとってはそれほど想定外の事態は起こってません」と返した。

 全国のドラッグストアで品薄が続き、転売などで定価で約1000円の商品が6倍ほどの価格がつく騒動についても「一時的には品薄になるだろう。それを見越して数日前にはそれぞれの製薬会社に増強ラインをお願いしてますとやってます」と強調。

 宮根誠司キャスター(57)は「橋下徹(元府知事)よりメンタル強いですから」と持ち上げ、「これ橋下徹さんだったら逆ギレして研究がパァ~になるんですよね。吉村さんだから抑えられてるけど」とジョークまじりに指摘。これには吉村知事も「このことは橋下さんにも言ってないですからね」と研究の極秘で進めてきたことを訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月6日のニュース