轟二郎さん 大腸がんで死去、65歳 「びっくり日本新記録」で体張った芸、「チャレンジボーイ」異名

[ 2020年8月6日 19:20 ]

 日本テレビ系バラエティー番組「びっくり日本新記録」などで知られるタレントの轟二郎(とどろき・じろう、本名・三浦康一)さんが2日、大腸がんのため死去したと、轟さんの公式ブログで発表された。65歳。静岡県出身。

 ブログによると轟さんは、大腸がんで闘病中だった。「タレント・轟二郎は令和二年八月二日未明、65年の生涯を閉じました。大腸癌を患ってから1年半程の闘病の末でした」とした。葬儀は6日に近親者のみで済ませたという。

 芸能界入り当初は殺陣師、スタントマンとして活躍。「金曜10時!うわさのチャンネル!!」で人気を博し、「びっくり-」では、体を張った数々の挑戦企画で「チャレンジボーイ」の異名をとった。ドラマ「翔んだカップル」、映画「セーラー服と機関銃」に出演するなど、俳優としても活躍した。近年は地元の静岡でラジオ番組などに出演。ブログは3月22日を最後に、更新が途絶えていた。

 公式ブログでは、ありし日の轟さんの写真を掲載。「ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます。今後は、永遠のチャレンジボーイとして、天国でも様々な挑戦をしてくれていることと思います。改めまして、関係各者様には、ご厚誼を深く感謝し、御礼申し上げます」とつづられている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月6日のニュース