藤井棋聖、王位獲得に王手 タイトル戦出場2期2冠なら史上初の快挙

[ 2020年8月6日 05:30 ]

将棋の第61期王位戦7番勝負第3局第2日の対局を終えた藤井聡太棋聖(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 挑戦者の藤井聡太棋聖(18)が5日に神戸市北区の中の坊瑞苑(ずいえん)で行われた第61期王位戦7番勝負第3局の2日目、防衛を目指す木村一基王位(47)との激しい戦いを制して149手で勝利。無傷3連勝で、2つ目のタイトル奪取に王手をかけた。

 王位戦で挑戦者の開幕3連勝は過去7度あり、うち6度は挑戦者が奪取。唯一の逆転は09年、挑戦者の木村が当時の深浦康市王位に4連敗して防衛を許した。現在18歳0カ月の藤井がこのまま奪取すれば、92年羽生善治九段が棋王と王座を獲得した最年少2冠21歳11カ月、58年加藤一二三・九段が順位戦A級に昇級した際の最年少八段18歳3カ月を更新。また年齢に関係なくタイトル戦出場2期で2冠獲得なら、藤井が史上初めてとなる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月6日のニュース