シソンヌ長谷川 木下優樹菜への“手のひら返し”「全員が敵になる感じが怖かった」

[ 2020年7月12日 12:00 ]

木下優樹菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「シソンヌ」の長谷川忍(41)が12日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。活動自粛から復帰を発表したわずか5日後に、芸能界引退を発表したタレント・木下優樹菜(32)の一連の騒動について「全員が敵になる感じが逆に怖かった」と語った。

 長谷川は「何があったのかまったくわからない」「(さまざまな情報が出て)何を信じていいかわからない」と前置きしつつ「ああいうメッセージを送ったことは、僕個人はキャラの延長戦上だったので、ダメなことですけど、そんなに違和感は感じなかった」と、木下の姉が働いていたタピオカ店への恫喝メールに驚きはなかったと語った。

 その上で「仲間を守りたい(という思い)とか、ヤンキーキャラでしたし…そういうのが行き過ぎて、やってはいけない形になったんですけど、今まで皆さん、その感じの歯に衣着せぬキャラクターで喜んでたのに、急にこうなったら全員が敵になる感じが逆に怖かった」と心境。「担いでたのに、急にハシゴを外されたというか。その延長線上で、それを面白がってましたよね、みなさんって…ちょっと思ってしまうところがある」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月12日のニュース