クラスター発生の山本裕典主演舞台「THE★JINRO」ゲスト出演の吉本坂46・榊原徹士も陽性

[ 2020年7月12日 17:31 ]

 出演者やスタッフ、観客計20人が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになっている、俳優山本裕典(32)が主演した舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」に出演していた吉本坂46の榊原徹士(30)のPCR検査の結果が陽性だったことが12日、吉本興業のサイトで発表された。榊原は今月3日にゲスト出演していた。

 サイトでは「当社グループ会社(株)Showtitle所属の榊原徹士が、7月12日(日)に新型コロナウイルスに感染していることを確認いたしましたので報告申し上げます」としたうえで「榊原徹士は、7月3日(金)に舞台『THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-』に出演、保健所より濃厚接触者との認定を受け、PCR検査を受診した結果、陽性判定となりました」と報告。「現在、保健所の指導に従い、隔離生活・治療を行っております。また、7月10日(金)に濃厚接触者認定後、榊原徹士に接触した者はおりません」とした。

 「当社グループにおいては、医療専門家、行政機関の指導のもと、引き続き、お客様、所属タレント、関係各位の皆様、社員への安全確保を最優先に新型コロナウイルス感染予防、拡大防止を実施してまいります」と呼びかけた。

 同舞台は、6月30日から今月5日まで、東京・新宿のシアターモリエールで上演。映画評論家の有村昆氏(44)が企画プロデュースした。主催したライズコミュニケーションによると、千秋楽翌日の6日に出演者で男性グループ「スーパーブレイクダーン」のTAKUYA(23)の感染が判明。このため、すべての共演者とスタッフが8日にPCR検査を受け、山本裕典(32)のほか、俳優の松村優(24)と韓国人俳優のHONEY(36)ら10日までに計12人の感染が判明した。10日、同公演の公式サイトでも、保健所から全キャスト及び全スタッフが濃厚接触者と指定されたことを明かし、「新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました出演者とスタッフは合わせて12名となっております」と報告している。

 11日には、ラジオDJなどで活動しているタレントのサッシャ(43)も感染を公表。11日に新たに判明した6人の感染者は、TAKUYAと同グループで活動し舞台にも出演していたHIRO(23)と、「BLACK IRIS」の斉藤広樹(25)、6月30日の公演を鑑賞した相模原市の30代女性が含まれる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月12日のニュース