張本勲氏 プロ野球有観客試合開始に「スポーツは目で直接見た方が迫力がある」

[ 2020年7月12日 09:49 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(80)が12日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。プロ野球が10日に今年初めて球場にファンを迎えて5試合を実施したことについてコメントした。

 張本氏は「観客が入るのは、選手よりもファンが喜ぶわね。やっぱりスポーツは目で直接見た方が迫力があるしね。豪快だから」と指摘。また、今季のここまでの展開を見て「大体、7、8月は投手が疲れて来て打高投低になるんだけれども、今年は逆だね。今が打高投低だもんね。これから投手がよくなると思いますよ。12球団で1球団も2点台の防御率のチームがない。逆にチーム打率が2割9分のチームがある。今月いっぱいで30試合くらいまで行くから大体の形が見えてくる」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月12日のニュース