指原莉乃 木下優樹菜の引退劇に「謎が残り過ぎている」 縦読み不倫騒動も「物的証拠残します?」

[ 2020年7月12日 11:36 ]

タレントの指原莉乃
Photo By スポニチ

 タレントの指原莉乃(27)が12日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。活動自粛から復帰を発表したわずか5日後に、芸能界引退を発表したタレント・木下優樹菜(32)について「このやめ方は謎が残り過ぎている」と話した。

 急転、引退を発表した木下の引退劇について、意見を求められた指原は「そもそも私は、芸能界ってめっちゃ恐ろしい」とポツリ。「私もそうですけど、運とか勢いでめっちゃ売れることもできる。例えば、木下さんがそうだと言っても、『昔、やんちゃしてました、ワハハハ』みたいな人がテレビが出て売れたり、一般常識ないですよって人がバーッて売れたり…その人がバーッと売れていって、バーッて持ち上げられて、もしかしたら自分もそうかもしれないし、わからなくなってくるし、そういう人が普通の社会の人と交わったらこんなことになってしまうの?っていう恐ろしさだったり…」と、一連の騒動で芸能界の怖さを実感したことを明かした。

 引退発表時の所属事務所のコメントにも触れ、「『これ以上、信頼関係が築けない』っていう話で、今まで十何年事務所に所属して、それでも築けなくなるってどんなに恐ろしい事が起きたの?って…そのコメントにも含みがあるように思う」と指摘。「謎だらけすぎて、これから裁判とかで明るみに出てくるのかもしれないけど、それにしても、このやめ方は謎が残り過ぎているなっていう感じはしますね」と話した。

 縦読み不倫騒動にも「そんなことする?」と疑問。「(自分は)縦読みは絶対しない。生放送で『ピースするね!』ぐらいはあるかもしれないけど…もしかしたら浮かれちゃったら…そこまではわかるんですけど、物的証拠で残しますか?」と首をひねった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月12日のニュース