広瀬アリス、妹・すずとの同居生活を語る「この前見たのは後ろ姿」

[ 2020年1月21日 21:20 ]

女優の広瀬アリス
Photo By スポニチ

 女優、広瀬アリス(25)が18日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。妹で女優、広瀬すず(21)との同居生活の一端を明かした。

 アリスはNHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演、すずは同「なつぞら」のヒロインを務めるなど、女優として活躍が著しい姉妹。アリスは、妹と仕事の話はしないそうだが、朝ドラについて尋ねられたことがあったという。「『わろてんか』が終わる時に『ヒロインの子って大変なの?』って言うから、それは大変だよって言って」と、やりとりを回想した。

 その翌日、アリスがスマホでニュースを見ていると、すずが「なつぞら」のヒロインに決まったとの記事を発見。「私に教えてくれなかった。探りだけ入れて。その時のニュースの記事が『お姉ちゃんは大変って言っていました』って」と驚きの表情で語り、スタジオの笑いを誘った。

 妹とは「同じ家」に住んでいる。“干渉”しない生活のようで、それぞれの部屋に「お互いこもっちゃう」と打ち明けた。続けて、「この前見たのは(すずの)後ろ姿、玄関で。多分(すずも)私の後ろ姿とかしか見ていない。この前、事務所の忘年会があって久々に顔を見たなみたいな」と笑いながら話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月21日のニュース