山里亮太、妻・蒼井優のラブシーンが…飲食店で偶然もらったスクラッチカードに「これはもう恥ずかしい」

[ 2020年1月21日 16:51 ]

南海キャンディーズの山里亮太
Photo By スポニチ

 南海キャンディーズ、山里亮太(42)が21日、火曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~木曜後1・00)に出演。妻で女優の蒼井優(34)と俳優・高橋一生(39)のラブシーンが描かれたスクラッチカードを偶然もらい、赤面したエピソードを披露した。

 東京・赤坂の飲食店を訪れたという山里。同店では、蒼井と高橋の出演映画「ロマンスドール」(タナダユキ監督、24日公開)とコラボし、劇中に出てくる料理を完全再現したメニューを提供していた。そのことを知らなかった山里だったが、「照れちゃって。コラボとかやっていたんだって思って。『ご注文、何にされますか?』って言われた時に、それを頼んじゃった」という。

 頼んだ定食は「映画の中で自分の嫁が作る料理の再現」だったそうで、「厨房で『アイツ、家に帰ればいいじゃねぇかよ』って言われてんじゃないかなって」。キャンペーンの一環として、同映画のグッズをもらったとし、「ロマンスドールの定食を頼んだ人だけにくれる、ロマンスドールのワンシーンのカードがあって。一生さんと蒼井優さんが、ベッドで抱き合ってる写真をもらうわけよ。恥ずかしい、これはもう恥ずかしいって思ってさ」と心境を振り返った。

 カードはスクラッチくじになっており、削るとお会計から50円引きの文字が。食事を終え、レジに割引を願い出ると「すみません、使えるの次回からです」と指摘され、「凄い恰好悪かった」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月21日のニュース