歌舞伎公演、4月から休演日設定 松竹“働き方改革”

[ 2020年1月21日 05:30 ]

歌舞伎の市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎公演などを手がける株式会社松竹が20日、4月から同社製作の歌舞伎興行のうち、25日間の公演について休演日を設定すると発表した。

 これまで市川海老蔵(42)らが中心となって歌舞伎界における“働き方改革”が推し進められており、13日のブログでは「早ければ今年の四月から中日辺りに休みとなる事が現実になるかもしれません」とつづっていた。詳細については近く、同社から発表されるとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月21日のニュース