「徹子の部屋」22日放送分を宍戸錠さん追悼企画に差し替え

[ 2020年1月21日 21:00 ]

宍戸錠さん(2013年撮影)
Photo By スポニチ

 「エースのジョー」の愛称で親しまれ、アクションスターとして日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠(ししど・じょう、本名同じ)さんの訃報を受け、22日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)は、宍戸さんの追悼企画として放送されることが21日、分かった。

 なお、22日に予定されていた同番組の結城美栄子・結城アンナがゲストの回の放送日は未定となっている。

 宍戸さんは大阪市生まれ。都内の自宅で倒れていたという。あくの強さを出すため豊頬(ほうきょう)手術を受け、膨らんだ頬がトレードマークだった。日大芸術学部在学中の1954年、日活の第1期ニューフェイスに合格。翌55年に「警察日記」で本格デビューし、二枚目スターとして売り出されたが、自ら進んで豊頬手術を受け、敵役として活路を開いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月21日のニュース