「ミススポーツ」慶大3年・田中絵梨果さん 夢は28年五輪「選手として出場できれば」

[ 2020年1月21日 05:30 ]

第52回ミス日本コンテスト2020 ( 2020年1月20日 )

ミススポーツに輝いた田中絵梨果さん(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 スポーツを通じ、健康的に挑戦することの楽しさを広める「ミススポーツ」には慶大環境情報学部3年の田中絵梨果さん(22)が選ばれた。

 5歳から17年間サッカーをしていた。大学では交換留学先のイタリアで、漕艇(そうてい)競技ドラゴンボートに挑戦。イタリア人チームのもとで練習に励み、経験約1年半にして世界大会優勝を果たすなど筋金入りの体育会系。今回のコンテストに合わせて、筋肉量は落とさずに9カ月で19キロ減量したというから驚きだ。

 東京五輪が開催される年に「ミススポーツ」を受賞したことについて「これからどんな仕事があるのか楽しみ。聖火ランナーもぜひやってみたい」と期待を膨らませた。早くも2028年のロサンゼルス五輪を見据えている。「マイナースポーツの魅力を発信していきたい。その中で、8年後のロサンゼルス五輪でドラゴンボートが正式種目に選ばれ、選手として出場できれば」と大きな夢を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月21日のニュース