U18合宿 149キロ右腕、滝川二・坂井がブルペンでスカウト3球団独り占め 稲葉GM「楽しみ」

[ 2023年4月6日 17:36 ]

<U18日本代表候補選手強化合宿>投球練習する滝川二・坂井(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 高校野球の日本代表候補は6日、奈良県内で実施した3日間の強化合宿を打ち上げた。

 最速149キロ右腕の滝川二・坂井陽翔(3年)は、合宿最終日にチーム本隊に合流した。前日5日まで兵庫県大会に出場していたため、前日に行われた紅白戦には未参加。アピールすべく、合宿最終日に首脳陣の前でブルペン投球を行い、「球速以上に感じる球質をアピールできた」とうなずいた。

 同時にブルペン投球を行う投手がおらず、NPB3球団7人のスカウトの視線を独占することにも成功。「いい緊張感がありました。トップクラスの選手たちがいっぱいいるなかで、いろんなことを吸収できました」と振り返った。

 投球を見守った日本ハム・稲葉篤紀GMからは「スライダーやフォークが印象的だった。ここからどう成長していくか楽しみです」と評価された。

 ◇坂井 陽翔(さかい・はると)2005年(平17)4月5日生まれ、兵庫県加古川市出身の17歳。氷丘南小2年から野球を始め、氷丘中では播磨ボーイズで外野手。滝川二入学後に投手転向。1年夏から背番号20でベンチ入りし、同秋からエース。最速149キロ。1メートル86、81キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年4月6日のニュース