×

ヤクルト20年ぶり日本一!燕党も涙「これだからファンはやめられません」「優勝した瞬間涙ポロった」

[ 2021年11月27日 23:27 ]

SMBC日本シリーズ2021第6戦   ヤクルト2―1オリックス ( 2021年11月27日    ほっと神戸 )

<日本S オ・ヤ(6)>日本一を喜ぶ中村(右端)らヤクルトナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが今シリーズ初めて突入した延長戦を2―1で制してオリックスに1点差勝ち。対戦成績を4勝2敗として2001年以来20年ぶり6度目となる日本一に輝いた。1―1で迎えた延長戦ラストの12回、2死二塁から代打の切り札・川端慎吾内野手(34)が左前に決勝タイムリーを放った。なお、セ・リーグのチームが日本シリーズを制するのは2012年の巨人以来9年ぶり。20年前にリリーフエースとしてリーグ最多のシーズン37セーブを挙げ、胴上げ投手となった高津臣吾監督(53)は前年のリーグ最下位から就任2年目で一気に頂点へと上り詰めた。

 20年ぶり日本一になったヤクルトへ、ネットでは「一年前はまさか日本一なんて夢にも思ってなかったし最高すぎる!ずっと応援しててよかったこれだからヤクルトファンはやめられません」「物心ついてから20年近くずっとヤクルトファンをやってきた、前回の日本一は物心ついていないから生まれて初めてからヤクルトの日本一を見れた。本当に感動したありがとう、これでヤクルトが日本で一番強いチームだよ、一生忘れない」「ヤクルトおめでとう!白い息、熱い涙、なんか胸がいっぱい」「ずっと好きな球団の1つやったからめっちゃうれしいぃ!!もう優勝した瞬間涙ポロった」と感動の声が多く挙がった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月27日のニュース