ヤクルト青木 気温7度も気合の半袖にネット「元気すぎ」「一番燃えたぎってる」「恐るべきベテラン」

[ 2021年11月27日 19:18 ]

SMBC日本シリーズ2021第6戦   ヤクルトーオリックス ( 2021年11月27日    ほっと神戸 )

<オ・ヤ>3回2死一塁、青木を遊ゴロに抑える山本(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが3勝2敗で迎えた「SMBC日本シリーズ2021」第6戦で、半袖でプレーするチーム野手最年長の青木宣親外野手(39)にネットで驚きの声が上がった。

 ほっともっと神戸で行われた試合。気温は7度前後という寒さで、各選手が長袖、ネックウォーマーを着用して白い息を吐きながらプレーする中、青木は半袖で「2番・左翼」で出場。またオスナも半袖で「7番・一塁手」、オリックスのモヤは七分袖で「6番・DH」として先発出場している。

 この姿にネットでは「見てるだけでも寒いので青木さん長袖着て…」「青木の半袖は凄い」「青木さん息白いのに半袖…」「青木様半袖やがな、、、」「青木は元気すぎます」「青木は半袖何か笑った」「青木さん寒くないの?」「そら全選手の中で青木さんが一番燃えたぎってるだろww」「この寒さの中半袖の青木とオスナは寒いという概念がないんだろうか??」「各選手白い息を吐きながらプレーするなか、ヤクルト青木は半袖…恐るべきベテラン」「オスナがツーベース打てたのも半袖のおかげよ」「気合いが違うわ」と驚きの声が上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月27日のニュース