阪神・尾仲 1軍登板なしに危機感「後がないと思ってやらないと」 来季は新球フォークで巻き返す

[ 2021年11月27日 05:30 ]

契約更改を終え会見に臨む尾仲(代表撮影)
Photo By スポニチ

 阪神・尾仲は1軍登板がなく、100万円ダウンでサインした。「阪神に来て全然結果を残せていないので、自信を持って腕を振って投げていきたい。後がないと思ってやらないと」と危機感をにじませた。2軍では中継ぎで25試合に登板し、防御率1・37。巻き返しに向け、秋はフォークとチェンジアップの新球に挑戦した。「フォークが自分の中では手応えがある」と精度を高めていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月27日のニュース