巨人・直江が10万円増でサイン 4年目の来季へ「来年は勝負の年。2桁目指したい」

[ 2021年11月27日 12:54 ]

<巨人契約更改>契約更改を行った直江(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人の直江大輔投手(21)が27日、契約更改交渉に臨み、10万円増の760万円でサイン。球団からは「期待ではなく計算の中に入る投手になってほしい」とハッパを掛けられたといい、4年目の来季に向け「来年は勝負の年。初勝利もそうですけど2桁を目指してやっていきたい」と強い決意を示した。

 今季は椎間板ヘルニアの手術の影響で育成契約から始まり、6月に再び支配下登録。プロ初勝利はならなかったが、4試合に登板した。オフの自主トレはジャイアンツ球場で行う予定で「今年1年投げてて体が硬くなることが結構あったので、柔軟性をもっと上げていきたい」と話した。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月27日のニュース