×

「能見さん」がトレンド入り オリックス・能見 村上斬りにネット「能見さん痺れるなぁ」「最高だったぜ」

[ 2021年11月27日 22:31 ]

SMBC日本シリーズ2021第6戦   オリックスーヤクルト ( 2021年11月27日    ほっと神戸 )

<ヤ・オ>延長11回、村上を左飛に打ち取り、マウンドをおりる能見(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 オリックスは2勝3敗で迎えた27日「SMBC日本シリーズ2021」第6戦で、能見篤史投手(42)が初登板した。

 両チーム譲らず1―1の同点で迎えた11回。オリックスの3番手で登板した能見は、ヤクルトの主砲・村上に対して低めを丁寧に攻める投球で、2ボール2ストライクからフォークで左飛に仕留めた。

 能見はワンポイントとして仕事を果たして、降板となった。オリックスの4番手には比嘉がマウンドに上がった。

 この仕事人の投球にネットでは「能見さん痺れるなぁ」「能見さん最高だったぜ」「能見さん、ナイスピッチング!」「この場面で能見が出てきてちょっとうるっと来てしまった」「能見、いつまでかっこいいんや…」「ヤクルトファンだけど能見さんには震える」「虎ファンとしては涙出てくるよ」「日本一美しい能見さん」といった声があふれた。また登板後にはツイッターのトレンド2位に「能見さん」が入った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月27日のニュース